凛として澄明、清々、快々。

富嶽三十六景「相州梅沢左」。澄んだ空と富士の稜線の美しさを描写し、鶴の群を描いている様は、人間の心身状態に例えれば、「凛として澄明、清々、快々。」といったところでしょうか。