喧騒にして煩苛なるも泰然。

富嶽三十六景「山下白雨」。雷雲湧き立ち雷電はためく夏の雨の日の景観と対照に毅然としてそそり立つ富士。
人間の心身状態に例えれば「喧騒にして煩苛なるも泰然。」といったところでしょうか。