悠々とそして穏健。

富嶽三十六景「凱風快晴」。夏の早朝に日を受けた富士の山肌が赤みを帯びた一瞬を捉えた「赤富士」と通称される名画です。人間の心身状態に例えれば「悠々とそして穏健」といったところでしょうか。