活き活きと、はつらつと。

富嶽三十六景「神奈川沖浪裏」。大怒濤のさかまく浪の間に、小さな舟を操る人間の力強さと緊張とそれを静かに見守る富士。
人間の心身状態に例えれば、「活き活きと、はつらつと。」といったところでしょうか。